Download MongoDB Community Server | MongoDB.Windows用ファイルデータ復旧おすすめフリーソフト – Wayfinding Software

Download MongoDB Community Server | MongoDB.Windows用ファイルデータ復旧おすすめフリーソフト

Looking for:

Realm: リアクティブなモバイルアプリを短期間に

Click here to Download

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Android Gradle プラグイン 1. soファイルを正しくパッケージングできないという バグ があります。詳細は Realm Java issue を参照してください。Android Gradleプラグイン1. あるいは、 realm. writeCopyTo File メソッドを用いて開いているRealmをバックアップすることもできます。. AndroidのKeyStoreを使ってRSAキーを生成します。生成された鍵はAndroidのフレームワークが安全に保存してくれます。 M 以降のバージョンでは、KeyStoreをアンロックするときにPIN(もしくは指紋認証)を必要とします。キーストアがハードウエアで実装された端末であれば、Root化されたデバイスであっても鍵そのものを取り出すことはできません。. 暗号化されたRealmを使用する際には、まず暗号化されたRealm用の鍵を取得し、RSAを用いて復号します。そして、 RealmConfiguration にキーを渡してRealmを開きます。.

こちらのサンプルコード では、指紋認証APIを用いて暗号化キーを保存する機能を実装しています。. This is the documentation for the deprecated legacy Realm project. Click here for MongoDB Realm documentation. Learn more. Realm Java 3. setName “Rex” ; dog. where Dog. lessThan “age” , 2. findAll ; puppies. createObject Person. add managedDog ; realm. executeTransactionAsync new Realm. equalTo “age” , 1. findFirst ; dog. Download Realm for Android ソースコードは GitHub にて公開しています。. apply plugin: ‘realm-android’. init context ;.

onCreate ; Realm. executeTransaction new Realm. createObject Dog. class ; myDog. setName “Fido” ; myDog. findFirst ; realm. findFirst ; myPuppy. setId 42 ; obj. setName “Fish” ; realm. class ; dog. isValid ; user. isValid user ; RealmObject. addChangeListener user , listener ;. createObject Contact. class ; contact. createObject Email. class ; email1. com” ; email1. class ; email2. com” ; email2. color” , “Brown”. findAll ;. get 0.

get 1. name” , “Fluffy”. color” , “Yellow”. equalTo “color” , “Brown”. equalTo “name” , “Fluffy”. equalTo “owner. name” , “Jane”. getDefaultInstance ; realm. commitTransaction ;. createObject User. cancelTransaction ;. setName “John” ; user.

setEmail “john corporation. com” ; realm. copyToRealm user ; realm. class ; user. where User. equalTo “name” , “John” ; query. equalTo “name” , “John”. equalTo “name” , “Peter”. contains “name” , “Jo”. sort “age” , Sort. distinct “name” ;. between “age” , 13 , findFirst ;. age” , 1. setName “Fido” ; dog. sum “age”. min “age”. max “age”. size ;. equalTo “invited” , false. findAll ; realm.

get i. equalTo “invited”, false. deleteFromRealm 0 ; results. get 5 ; dog. findAllAsync ;. findAllAsync ; result. findAllAsync ; if result. getDefaultInstance ;. build ;. name “myrealm. encryptionKey getKey. schemaVersion modules new MySchemaModule.

migration new MyMigration. getInstance config ;. schemaVersion 2. modules new MyCustomSchema. name “otherrealm. schemaVersion 5.

modules new MyOtherSchema. getInstance otherConfig ;. getFilesDir with name “default. realm” Realm. build ; Realm. Builder user , realmUrl. schema getInstanceAsync config , new Realm. Builder user , url. waitForRemoteInitialData ;. assetFile “my. modules new BundledRealmModule. where “Person”. protected Void doInBackground Void start ;. where Customer. waitForChange を呼ぶ必要があります。 listAdapter. getCustomers ; realm. beginTransaction ; realm.

createObjectFromJson Customer. class , Dog. modules new MyModule. modules new MyModule , new MyOtherModule.

ライブラリ開発者の方へ: 内部でRealmを利用するライブラリは、RealmModuleを使ってスキーマを公開する必要があります。. name “library. modules new MyLibraryModule. name “app. modules Realm. getDefaultModule , new MyLibraryModule.

createObjectFromJson City. createAllFromJson City. do something with the updates UI, etc. startIndex , range. getInsertionRanges ; for OrderedCollectionChangeSet. getChangeRanges ; for OrderedCollectionChangeSet. create “Person”. addField “name” , String.

addField “age” , int. get “Person”. addField “id” , long. class , FieldAttribute. addRealmObjectField “favoriteDog” , schema. get “Dog”. addRealmListField “dogs” , schema.

encryptionKey key. class ; intent. getId ; getActivity. startService intent ;. equalTo “id” , personId. createAllFromJson Order. class , api. where Order. fromJson json , User. class ;. equals RealmObject. class f. equals Drawable. NoClassDefFoundError : rx. Observable at libcore. getClass InternalNames. java : compile “org. create GitHubService. copyToRealmOrUpdate repos ; realm. class ; realm. isNotNull “username”. filter persons. from persons. user person.

observeOn AndroidSchedulers. rxFactory new MyRxFactory. onDestroy ; realm. onStop ; realm. initialData new Realm. where SortedPeople. findFirst ; sortedPeople. コミュニティ Microsoft Tech Community: SQL Server. 使用開始ガイド Microsoft SQL Server を紹介する無料 e-Book を入手する. 製品のリソース SQL Server 開発者ツール. 購入方法 SQL Server の価格とライセンスのオプション.

SQL Server Preview は Azure との対応性を最大限に高めた SQL Server のリリースであり、セキュリティ、可用性、パフォーマンスにおけるイノベーションも継続しています。. 使用を開始する: SQL Server Preview. SQL Server はこれまで同様に組織のすべてのデータ ワークロードに対するセキュリティ、可用性、パフォーマンスの境界を押し広げるだけでなく、新しいコンプライアンス ツールが追加され、最新ハードウェアでの高いパフォーマンスと Windows、Linux、コンテナーでの高可用性を実現します。.

使用を開始する: SQL Server SQL Server は SQL Server のプラットフォーム化への大きな一歩を表しています。開発言語、データの種類、オンプレミスかクラウドか、およびオペレーティング システムを自由に選択できるように、SQL Server のパワーを Linux、Linux ベース Docker コンテナー、Windows に届けます。. SQL Server は画期的なミッション クリティカル機能を提供し、さらにインメモリ パフォーマンスと運用分析が組み込まれています。新しい Always Encrypted テクノロジをはじめとする包括的なセキュリティ機能は、データを保管中も移動中も守るのに役立ちます。.

SQL Server もう一つに、 ワンショットで通知が終了する ブロックがあります。このブロックは対象の同期タスクが終わるまで通知し、対象のタスクが完了すると、自動的に通知ブロックを解除します。この種類のブロックは例えば初回のRealmファイルの同期が完了するまでの進捗状況の表示や、大きめのデータのアップロードの進捗表示に利用できます。.

Realm Mobile Platformでは、どのユーザーが同期されたRealmにアクセスできるのかを柔軟にコントロールできる仕組みがあります。 例えば、1つのRealmを複数のユーザーが共同で編集するようなアプリを作ることもできます。 また、あるユーザーのみが編集できるファイルを公開し、他のユーザーは読み取り専用で閲覧だけを可能にするといったことも可能です。. アクセス権限を明示的に与えなかった場合は、デフォルトの動作ではRealmファイルの作成者だけがそのファイルにアクセスできます。 唯一の例外はAdminユーザーです。Adminユーザーは常にすべてのRealmファイルに対してすべてのアクセス権限を持ちます。. 書き込み権限のみ という状態(例: mayRead をセットせずに mayWrite だけをセットした場合など)は現在サポートしていません。. アクセス権限の概念についてより詳しく知るには、Realm Object Serverドキュメントの アクセスコントロール セクションをご覧ください。.

特定のユーザーがアクセス可能なすべてのRealmに対するアクセス権限の状態を調べるには SyncUser. none のアクセス権を新たに設定するか、 SyncUser. SyncPermissionOffer と SyncPermissionOfferResponse を用いてユーザー間でRealmを共有できます。すべてはクライアント側のコードだけで実現できます。サーバーサイドのコードを書く必要は一切ありません。. PermissionOfferオブジェクトはManagement Realmに書き込むことで(同期されることによって)サーバー側に作成され、処理されます。Management Realmは通常の同期されたRealmと同じように書き込んだり読み取りが可能です。ただし、Realm Object ServerはManagement Realmを特別に監視するように作られています。例えば Permission Change オブジェクトをManagement Realmに保存することはRealmファイルのアクセス権を変更することを意味します。.

Permission Valueモデル オブジェクトと同じように、アクセス権は read 、 write 、 manage の3種類を realmURL に対して指定できます。 expiresAt はトークンの有効期限を示します。 expiresAt を指定しない、もしくは nil を渡した場合は、有効期限は無期限になります。有効期限とはトークンの使用期限であり、すでにトークンを使用したユーザーのアクセス権が無くなるわけではありません。. SyncPermissionOffer によるアクセス権限の変更は既存の状態に追加する形で行われます。つまりすでに write 権限のあるユーザーが read 権限を取得したとしても write 権限が失われることはありません。. 共有は SyncPermissionOffer オブジェクトをマネジメントRealmから削除することで中止できます。または expiresAt プロパティを過去に設定します。しかし新しくそのファイルを共有しようとするユーザーは受け付けなくなりますが、すでにアクセス権を獲得したユーザーのアクセス権が無くなるわけでは ありません 。.

ログ出力レベルに関して詳しくは、 Realm Object Serverの設定に関するドキュメント をご覧ください。. SyncManager のシングルトンオブジェクトにエラーハンドラをセットすることを 強く推奨します 。グローバル、または特定の同期セッションにて発生したエラーについてはこのエラーハンドラによって通知されます。エラーが発生したときはエラーハンドラが呼ばれ、エラーを示すオブジェクトを渡します。必要に応じてエラーが発生したセッションを示す SyncSession オブジェクトも同時に渡します。.

Realm Mobile Platformで発生したエラーは SyncError オブジェクトとして渡されます。このオブジェクトはSwiftの Error プロトコルに準拠しています。. Realm Object Serverがクラッシュしてバックアップから復元しなければならなくなったときは、アプリに対してクライアントリセットを要求することがあります。これはローカルのRealmがサーバーのRealmよりも新しくなってしまったときに起こります(例えば、Realm Object Serverのバックアップ後にアプリケーションから変更があった場合は、復元した際にその変更は失われるのでアプリケーションがサーバーより新しい状態になります)。.

クライアントリセットは次のような処理を行います。ローカルのRealmファイルのバックアップを作成します。その後オリジナルのRealmファイルは削除されます。次にRealm Object Serverに接続したタイミングで、新しくRealmファイルをサーバーからダウンロードします。Realm Object Serverのバックアップ後に行われた変更についてはバックアップには残っていますが復元されません。. クライアントリセットが要求されたかどうかは、 SyncManager オブジェクトのエラーハンドラにて通知されます。クライアントリセットのエラーは.

clientResetError として表されます。. ブロックを自分で呼び出してクライアントリセットの処理を開始するには、ブロックを呼び出す前にすべてのRealmインスタンスは 解放されていなければなりません 。 Realm が完全にInvalidatedの状態であったとしてもオートリリースプールに参照を解放させるためにすべての参照について nil を代入する必要があるかもしれません。そうすることでクライアントリセットのプロセスが完了した際にはすぐにRealmをオープンし、同期を再開できます。. クライアントリセットが必要なRealmについてはデータの読み込み、および書き込みは通常と同じようにすることができますが、 その変更はクライアントリセットが完了し、Realmを再ダウンロードしない限りはは同期されません 。この動作について知っておくことは非常に重要です。アプリケーションでは少なくともクライアントリセットのエラーを監視する必要があります。必要ならクライアントリセット後に行われた変更を反映するために処理をする必要があります。.

クライアントリセットの処理に伴い作成されたバックアップファイルの場所はエラーオブジェクトの SyncError. clientResetInfo メソッドを使用して得られるオブジェクトからわかります。. Realm Object Serverがクライアントリセットをどう扱うかについての詳細は Realm Object Serverのドキュメント をご覧ください。. ユーザーが適切なアクセス権を持たないRealmファイルを開こうとすると、Permission Denied Errorが発生します。このエラーは読み取り権限しか持たないRealmに書き込みをしようとしたり、まったくアクセス権を持たないRealmファイルを開こうとすると発生します。. 読み取り権限しか持たない同期されたRealmを開くには、非同期のAPI( Realm. asyncOpen configuration:, callbackQueue:, callback: )を使用しなければなりません。同期のAPIを使って開こうとするとPermission Denied Errorが起こることがあります。. Permission Denied Errorは.

permissionDeniedError として表されます。エラーオブジェクトはパラメータを持たないブロックを含みます。このブロックはエラーオブジェクトに対して SyncError. deleteRealmUserInfo を呼ぶことでを取得できます。. いずれの場合も、Permission Denied Errorは、ユーザーのデバイス上のRealmのローカルコピーが サーバーと同期できない状態になったことを示します。ファイルは自動的に次の起動時に削除されます。エラーに含まれるブロックを呼び出して直ちに削除することも可能です。. 直ちにRealmファイルを削除するためにブロックを呼び出す場合は、すべてのRealmインスタンスが無効化され、解放されていなければなりません。自動解放プールが働くまではすべての Realm が無効化されておらず、Realmへの参照が存在していることがあります。正しいアクセス権がセットされると、すぐにRealmは同期を再開します。.

同期されたRealmについては モデルクラスのマイグレーション は自動的に適用されます。ただし、いくつかの制限と注意事項があります。. 同期されたRealmに対してカスタムのマイグレーション処理が必要な場合は、 通知ブロック 内で変更を適用します。サーバーサイドの場合はNode. js SDKを利用します。しかし、その変更が破壊的なものを含む場合は、Realm Object Serverとの同期は Bad changeset received エラーによって中止されます。. 破壊的な変更を行う場合は既存のファイルをマイグレーションするのではなく、 新しく 同期されたRealmを新しいデータモデルを使って作成し、既存のRealmファイルの変更を監視して新しいRealmにコピーするような処理を書きます。破壊的な変更を伴わない場合でもこの方法は利用することができます。.

コンフリクトの解決については、 Realm Object Serverのドキュメント をご覧ください。. 管理者ユーザーは SyncUser. retrieveInfo for:, identityProvider:, completion: を用いてRealm Object Serverに存在するユーザーの情報を取得できます。. 最初の引数は認証プロバイダによって与えられたユーザーを識別するID文字列です。例えばユーザーがRealm Object Serverのユーザー名とパスワードの認証によって登録されているなら、この文字列はユーザー名になります。Realm Object ServerのユーザーIDと間違えないようにしてください。. 処理は非同期で実行され、コールバックで結果が返されます。ユーザーの検索に失敗した場合はコールバックブロックにエラーオブジェクトが渡されます(ユーザーが存在しない、実行しているユーザーが管理者ユーザーではない、など)。処理に成功した場合は SyncUserInfo が渡され、ユーザーの情報が含まれています。.

Realmは匿名の統計データを収集しています。統計データの送信は、デバッガに接続されているか、シミュレータ上で動作している時のみ行われます。送信するデータに個人を特定する情報は一切含まれません。データにはRealmのバージョン、(iOS、OS Xなどの)プラットフォーム、プログラミング言語、などの情報が含まれ、それはRealmの製品の向上にのみ利用されます。統計データの送信は、 リリースビルド、またはデバイス上で動作している時には行われません 。あくまでも、開発中にデバッガに接続している時と、シミュレータ上で動作している時だけ送信されます。実際にどのようなデータを収集しているのかは、 ソースコード から確認していただけます。. 理由の1つは、Realmオブジェクトは「ライブ」オブジェクトとして設計されいているためです。この概念は根本的にStructの特長と相反します。 Structに対応することで、Realmが持つ自動更新やリアクティブなAPI、省メモリ、パフォーマンス、シリアライズ/でシリアライズが不要といった便利な機能の多くが失われてしまいます。.

とはいえ、StructのようにRealmから切り離されたオブジェクトが必要に感じるケースもあります。 Realmでは下記のようにKVCを用いて、Realmオブジェクトを一時的にRealmから切り離したコピーを作るイニシャライザを公開してます。. Realmについて問題を発見した際は、 GitHubで問題を報告するか 、 help realm. io にEメール、または Slack で報告してください。その際には、こちらで問題を再現できるように、できるだけ多くの情報をあわせて教えてください。.

RealmをCocoaPodsまたはCarthageなどのパッケージマネージャを使ってインストールしていて、ビルドエラーが起こる場合、次の2つの原因が考えられます。 Realmが対応していないバージョンのパッケージマネージャを使用していてセットアップに失敗している、あるいはビルドツールやXcodeの古いキャッシュが残ってることが原因です。. Podsディレクトリを削除する代わりに、 cocoapods-deintegrate プラグインを利用することもできます。CocoaPods 1. This is the documentation for the deprecated legacy Realm project. Click here for MongoDB Realm documentation. Learn more. Realm Swift 2.

objects Dog. first try! Download Realm for Swift ソースコードは GitHub にて公開しています。. framework と Realm. CocoaPods 0. と追加します。そしてアプリケーションとテストのターゲットに対して pod ‘RealmSwift’ と追加してください。 CocoaPodsのバージョンが1. each do target target. each do config config. Carthage 0. containerURL forSecurityApplicationGroupIdentifier : “group. other property declarations dynamic var owner : Person? filter “name contains ‘Fido'” jim.

append objectsIn : someDogs jim. append rex. Realm try! create Person. create Book. self , value : [ “id” : 1 , “price” : objects Person try! filter predicate. sorted byKeyPath : “name”. objects Person. sorted byKeyPath : “dog. create Dog. objects Dog for i in Configuration syncConfiguration : SyncConfiguration user : user , realmURL : realmURL Realm. Realm configuration : Realm. Configuration inMemoryIdentifier : “MyInMemoryRealm”.

In-memory Realmはプロセス間通信などに利用するため、一時ディレクトリにいくつかのファイルを作成します。 メモリ不足によりOSがスワップを要求したとき以外は、何のデータも書き込まれません。. 注意: スコープを外れ、In-Memory Realmインスタンスへの参照がすべて無くなると、そのRealm内に保存されている、すべてのデータは解放されます。 アプリケーションの起動中は、In-MemoryなRealmインスタンスへの強参照を常に保持しておく必要があります。. Configuration objectTypes : [ MyClass. self , MyOtherClass.

Realm configuration : config. deleteFiles for : Realm. setAttributes [ FileAttributeKey rawValue : NSFileProtectionKey : NSFileProtectionNone ], ofItemAtPath : folderPath. Realmの読み取りトランザクションの生存期間は Realm インスタンスがメモリ上に生存している期間と強く結びついています。古いトランザクション履歴が残り続けてしまうことを避けるため、Realmの自動更新を有効にし、バックグラウンドスレッドからRealmのAPIを利用する際は明示的にオートリリースプールで囲うようにしてください。 このことに関する詳細は 現バージョンにおける制限事項 をご覧ください。. DispatchQueue label : “background”. data using :. jsonObject with : data , options : [] realm.

create City. reloadData break case. beginUpdates tableView. insertRows at : insertions. automatic tableView. deleteRows at : deletions. reloadRows at : modifications. endUpdates break case. newValue as! deleted : print “The object was deleted. initial : tableView. beginWrite collection. insertRows at : [ IndexPath row : 0 , section : 0 ], with :. enumerateObjects ofType : Person. String newObject! renameProperty onType : Person. dataTask with : url! Realm createOrUpdateUser in : realm , with : data!

jsonObject with : data as! create User. io” XCTAssertEqual testRealm. objects User. usernamePassword username : “username” , password : “password”. google token : “Google token”.

 
 

 

SQL Server | Eval Center

 

The Community version of our distributed database offers a flexible document data model along with support for ad-hoc queries, secondary indexing, and real-time aggregations to provide powerful ways to access and analyze your data. The database is also offered as a fully-managed service with MongoDB Atlas. Get access to advanced functionality such as auto-scaling, serverless instances in preview , full-text search, and data distribution across regions and clouds.

Give it a try with a free, highly-available MB cluster. Kubernetes Operators are application-specific controllers that extend the Kubernetes API to create, configure, and manage instances of stateful applications such as databases.

On self-managed infrastructure — whether on-premises or in the cloud — Kubernetes users can use the MongoDB Community Operator for Kubernetes to deploy MongoDB clusters. Using the MongoDB Kubernetes operator, you have full control over your MongoDB deployment from a single Kubernetes control plane, with a consistent experience across different deployment environments.

General Information. By Industry. By Use Case. Customer Stories Learn how businesses are taking advantage of MongoDB. View All. Sign In Try Free. Try MongoDB Community Edition. The community version of our distributed document database provides powerful ways to query and analyze your data. MongoDB Community Edition chevron-down. MongoDB Atlas. MongoDB Enterprise Advanced MongoDB Enterprise Server MongoDB Ops Manager MongoDB Enterprise Kubernetes Operator.

MongoDB Community Edition MongoDB Community Server MongoDB Community Kubernetes Operator. Tools MongoDB Shell MongoDB Compass Atlas CLI Atlas Kubernetes Operator MongoDB CLI for Cloud Manager and Ops Manager MongoDB Cluster-to-Cluster Sync MongoDB Database Tools MongoDB Connector for BI. MongoDB Community Server MongoDB Community Server Download The Community version of our distributed database offers a flexible document data model along with support for ad-hoc queries, secondary indexing, and real-time aggregations to provide powerful ways to access and analyze your data.

Amazon Linux 2 Platform chevron-down. Amazon Linux 2 Amazon Linux 2 ARM 64 Debian server Package chevron-down. mongos server tgz. Download download. More Options meatballs. Development releases. Archived releases. Release Notes. MongoDB Community Server MongoDB Community Kubernetes Operator Download Kubernetes Operators are application-specific controllers that extend the Kubernetes API to create, configure, and manage instances of stateful applications such as databases.

View on Github download. close Documentation.

 
 

MongoDB とは?動作確認や機能、特徴などを解説 | OSSサポートのOpenStandia™【NRI】

 
 

古いバージョンのドキュメントを表示しています。 最新版のドキュメントはこちらからご覧になれます 。. Core Dataからの移行を検討している場合は、 こちらの記事(英文) が参考になります。RealmからCore Dataへの移行に必要なステップが記載されています。. Download Realm for Swift. この手順は アプリケーションを申請する際のiTunes Connectの不具合 を回避するために必要です。.

Realmをインポートし、コードから利用できるようにするために、Realmを使いたい各ソースファイルの先頭に import RealmSwift と記述してください。これで使い始めるための準備はすべて完了です!. tvOSではDocumentsディレクトリへの書き込みは禁止されている ので、tvOS用のフレームワークでは、デフォルトの保存先は NSCachesDirectory に変わっています。ただし、キャッシュディレクトリ内のファイルは常にシステムによって削除される可能性があるので注意してください。そのため、tvOSにおけるRealmの利用は、復元可能なデータのキャッシュなどに利用し、消えては困る重要な(再生成できない)ユーザーデータなどを保存するのは避けてください。.

別の利用方法として、 Realmファイルをコンテンツデータとしてアプリケーションにバンドルする 使い方も便利です。tvOSアプリケーションのサイズはApp StoreガイドラインにてMB以下と規定されているのでバンドルするデータの容量に注意してください。. 上記のキャッシュとしての使い方と、データをアプリケーションにバンドルする使い方について、 両方のサンプルコード を提供しています。利用する際の参考にしてください。. Realm Studio is our premiere developer tool, built so you can easily manage the Realm Database and Wincows Platform.

With Realm Studioyou can open and edit local and synced Realms, and administer any Realm Object Server instance. It supports Mac, Windows and Linux. xcodeproj をビルドすることでインストールができます。. Realmで使用できるすべてのクラスとメソッドに関しては、 APIリファレンス をご覧ください。.

最新版のRealm の examples フォルダにiOSとOS Xそれぞれのサンプルコードがあります。 マイグレーション、 UITableViewController と組み合わせた使い方、暗号化やコマンドラインツールなど、さまざまな機能が紹介されています。ぜひ、ご参考にしてください。.

46 自由 ダウンロード mongodb for windows 10 64 bit または既存のモデルクラスのサブクラスを作ることでアプリケーションで使うデータモデルを作成できます。. リレーションシップとネストしたデータ構造は、対象の型のプロパティを持たせるか List を利用します。. RealmSwiftではモデルの情報を取得するために Swift. Realmでは、次に示すデータ型をサポートしています: Bool 、 Int 、 Int8 、 Int16 、 Int32 、 Int64 、 Double 、 自由 ダウンロード mongodb for windows 10 64 bit 、 String 、 Date 、および Data 。.

String 、 Date および Data 型のプロパティはOptionalとして指定できます。 Object 100 RealmOptional で実際の値をラップします。. windoww List をご覧ください。. Object をプロパティとして持つとき、ネストされたプロパティには通常のオブジェクトのプロパティと同じ文法でアクセスできます。上記の例では、 rex. country とすると、Realmはネストしたオブジェクトを必要に応じて自動的にフェッチします。. List オブジェクトは同じ(プライマリキーが同じオブジェクトであっても)Realmオブジェクトを複数格納できます。例えば、最初に空の List オブジェクトを作り、そのあと同じオブジェクトを3回に渡って追加したとします。すると List オブジェクトには同じオブジェクトがそれぞれ0番目、1番目、2番目に格納されます。. Realmの関連は一方通行です。 Dog への1対多の関連である Person.

dogs のプロパティと、 Person への1対1の関連である Dog. owner の2つのプロパティは、それぞれ互いに独立して動作します。 Person. dogs プロパティに Dog オブジェクトを追加しても、 Dog. owner プロパティに Person mongoxb. Linkng Object型のプロパティを使用することで、関連元のオブジェクトを特定のプロパティを使って取得することができます。例えば、 Dog クラスに owners という自分自身を関連として保持している Person オブジェクトをすべて取得するというプロパティを持たせることができます。その方法は owners プロパティを LinkingObjects 型として定義し、 Person クラスの関連であると指定するだけです。.

String 、 Date および Data 型のプロパティは標準のSwiftの文法を用いて、Optional型あるいは通常の型として定義することが可能です。 数値型をOptinalとして扱うには RealmOptional でラップする必要があります。. RealmOptional は Fog 、 Float 、 Double 、 Bool とすべてのサイズ固定型の Int 型( Int8 、 Int16 、 Int32 、 Int64 )に対して利用できます。. クラスメソッドの Object. indexedProperties をオーバーライドすることで、インデックスに追加するプロパティを指定できます:. Object のインスタンスは常に最新の内部データの状態に自動的に更新されています。つまり、オブジェクトをいちいち再読み込みする必要はありません。プロパティを変更すると、その変更はただちに同じオブジェクトを参照している他のインスタンスに反映されます。.

このような Object の性質は、Realmが高速にかつ効率的に動作するだけでなく、アプリケーションのコードをよりシンプルに、リアクティブにします。例えば、あるRealmオブジェクトのデータを表示しているUIコンポーネントがあるとした場合、そのUIコンポーネントを再描画する前に、いちいち再読み込みしたり、検索し直す必要はありません。. Realmの通知 を監視することで、いつRealmのデータが更新されたのかが分かります。データが更新されたタイミングでアプリケーションのUIを更新するべきでしょう。別の方法として、 キー値監視(KVO) を用いて、特定の Object のプロパティの変更を知ることができます。. primaryKey をオーバーライドすることで、そのモデルのプライマリキーを指定できます。プライマリキーを使うと、オブジェクトを効率的に検索・更新することができ、一意性を保つこともできます。.

ignoredProperties をオーバーライドすることで、Realmに保存しないプロパティを指定することができます。. 保存しないプロパティは通常のObjective-C、Swiftのオブジェクトのプロパティと 完全に同じ ものです。Realmが持つ便利な機能は一切サポートされません。例えば、クエリの条件に指定することはできません。値の自動更新も適用されません。また、Realmの通知によって監視することもできません。保存しないプロパティの変更を監視したい場合はKVOを使用します。.

このような多態性のサポートは 機能のロードマップ に予定されています。それまでの間の一時的な対応策として いくつかのサンプルコード を提供しています。. Realmコレクションクラスはそれぞれのクラス間で一貫した振る舞いを提供するために、 RealmCollection winfows CollectionType を継承しています。そのため、標準ライブラリのコレクションクラスと同じように扱うことができます。またクエリや並べ替え、集計関数などRealmコレクションクラスで共通のAPIはこのプロトコルで宣言されています。 Object には、プロトコルで定義されたメソッドに加えて、追加や削除などコレクションを変更するためのメソッドが定義されています。.

Swiftではassociatedtypeを持つプロトコルは具象型として扱えないため、Realmコレクションクラスをプロパティや変数として保持するには、 AnyRealmCollection のような 型消去されたラッパークラス が必要になります。. Realmモデルクラスは、通常のSwiftオブジェクトと同じようにインスタンス化し、使うことができます。アンマネージド(Unmanaged、まだRealmに追加されてない) Object のインスタンスは、通常のSwiftのオブジェクトと同様に振る舞います。. 永続化された Realm 、 Object 、 Results または Object のインスタンスは、生成されたスレッド内でなければ利用することができません。 別のスレッドで利用されると例外が発生します。これはRealmがトランザクションを分離するための必要な仕様です。.

トランザクションは 同期的 に行われます。非同期には実行されません。もしあるスレッドが書き込みを始めたら、他のスレッドが同じRealmに対して書き込みを実行しようとしても、最初のスレッドが書き込みを完了するまで待つことになります。そして書き込みトランザクションは beginWrite の前に常に自動的にデータを最新の状態に更新します。そのため、データの作成で競合が発生することはありません。.

write と Realm. commitWrite はどちらも throws メソッドとして宣言されており、ディスクの容量不足などで失敗した際のエラーからリカバリすることができます。簡単にするためにこのドキュメントやサンプルコードではエラー処理をしていませんが、実際のアプリケーションでは、エラーを処理して必要に応じてリカバリするべきです。. Object のサブクラス、または Object のプロパティを持つモデルオブジェクトは、ネストした配列やディクショナリを使って再帰的にオブジェクトをセットすることができます。.

この方法は、ネストした配列やディクショナリがどのような組み合わせであっても動作します。この場合の List は Object のオブジェクトだけを格納できることに注意してください。 String のような他の基本的な型は格納できません。. 同時に発生した書き込み処理は、互いの書き込み処理をブロックします。 これは類似の他のデータベースでも同様で、よく使われるベストプラクティスとして、 書き込み処理を別のスレッドに分ける ことを推奨します。.

RealmはMVCCアーキテクチャーを採用しているので、書き込み処理の最中でも読み込み処理をブロックすることは ありません 。同時に複数のスレッドから書き込みをするのでなければ、大きな単位でトランザクションを使いましょう。細かいトランザクションを使うよりこの特性を活かすことができます。トランザクションがコミットされると、すべての他のRealmインスタンスに通知され、 自動的に最新の状態に更新されます。 。. 詳しくは、 Mongoddb と Object をご覧ください。. モデルに プライマリキー を指定しているなら、 Realm. モデルにプライマリキーが定義されてない場合は、 update: true のように update 引数に true を渡すことはできません。.

値を更新しようとするときは nil の存在に注意してください。 nil は Optionalなプロパティ に対しては正しい値とみなされます。もし、ディクショナリの値として nil 自由 ダウンロード mongodb for windows 10 64 bit. Object 、 Result 、 List クラスはいずれも キー値コーディング(KVC) に対応しています。 実行時にアップデートするプロパティが決定する場合に使用すると便利です。. オブジェクトを削除するには、トランザクションの中で削除したいオブジェクトを Realm. 下記のように、Realmに保存されてるオブジェクトをすべて削除することもできます。 ディスクスペースを効率的に再利用するために、Realmファイルのサイズはそのまま維持されることに注意してください。.

クエリを実行すると Object を含んだ Results オブジェクトが結果として返ってきます。. Results は、 Array に非常によく似たようなAPIを持ち、添え字を使ってオブジェクトにアクセスすることもできます。 Array と異なる点は、 Results は、 Object のサブクラスのみを含むことができるという点です。.

同様に、 Results に含まれる Object から、 関連 のオブジェクトを次々とたどりながら取得することもできます。. クエリの実行は、結果のオブジェクト( Results )が実際に使用されるまだ遅延されます。つまり、メソッドチェーンなどによって一時的に Results オブジェクトが作られても、それだけでは( Results は使用されていないので)その時点ではクエリは実行されません。. もっとも基本的なオブジェクトを取得する方法は Realm. 普段から NSPredicate 自自由. Objects 、 Realm 、 List 、 Results はすべて特定の Object オブジェクトを NSPredicate を使って検索するためのメソッドをサポートしています。 NSArray を検索するときと同じように、直接 NSPredicate オブジェクトを渡す、条件部分だけを文字列で渡す、などの方法が利用できます。.

下記の例は、 Results. 詳しくは、Appleの Predicates Programming Guide やRealmが提供している NSPredicateチートシート をご覧ください。Realmでは多数のNSPredicate構文をサポートしています。. Realmでは nil は「何もない」ことを意味するのではなく、特別な値として扱われます。そのため、一般のSQLと異なり nil は nil 自身と一致します。. 集計関数 count 、 min вот ссылка max 、 sum および avg が Object と Results のプロパティに対してサポートされています。.

詳しくは、 Results. Results は、1つ、あるいは複数のプロパティ、またはキーパスの値を使って並べ替えることができます。下記は、先ほどのDogオブジェクトを検索した結果を、nameプロパティのアルファベット順で並べ替える例です。. sorted byKeyPath: と sorted byProperty: メソッドはチェーンすることを想定しておらず、複数のプロパティによる並べ替えはサポートしていません。メソッドをチェーンして呼び出した場合は、最後のに呼び出されたメソッドだけが有効です。複数のプロパティを用いて並べ替える場合は、 sorted by: メソッドを利用し、複数の SortDescriptor オブジェクトを渡します。. クエリの実行結果( Results )の順序はソートしなければ保証されません。パフォーマンス上の都合により、オブジェクトの挿入順は保持されません。挿入順を保持するいくつかの方法は、 こちらに記載しています 。.

110 ループを使用するときです。 for in ループの間でオブジェクトが削除されたり、クエリの条件に合致しなくなるような変更がされた場合でも、ループ開始時点のすべてのオブジェクトを列挙します。. Realm はRealm Mobile Databaseのコンテナを表すインスタンスです。Realmとは 自由 ダウンロード mongodb for windows 10 64 bit と 同期されたRealm があります。 同期されたRealm は透過的にRealm Object Serverと別のデバイス間でデータを同期します。アプリケーションからは同期されたRealmをローカルファイルのように扱いますが、そのデータは別のデバイスから更新される可能性があります。どちらのRealmでも同じように操作できますが、同期されたRealmを開くには 認証済みの ユーザー オブジェクト、および アクセス権 が必要なことが異なります。.

上記のコード例では デフォルトRealm のインスタンスを生成しています。 Realmの設定を変更する セクションで説明しているように、設定オブジェクトを使用して、Realmの挙動を変更できます。. Realmファイルの保存場所などの、Realmに対する設定をカスタマイズするには、 Realm. Configuration オブジェクトを使います。. 設定オブジェクトはRealmのインスタンスを取得する際に Realm configuration: config メソッドに渡すこともできますし、 Realm. すでにお気づきだと思いますが、これまで Realm メソッドを呼ぶことで、変数 realm を初期化してきました。.

同期されたRealmを開くにはこれまでのスタンドアローンで動作するRealmを開く場合と同じように、 Realm. Configuration オブジェクトとRealmクラスのコンストラクタ、ファクトリーメソッドを使用します。. ただし、同期されたRealmを開く場合は Realm. 同期されたRealmに対しては windowe と fileURL を指定することはできません。 syncConfiguration プロパティをセットすると、その2つのプロパティは自動的に nil がセットされます。同期されたRealmはキャッシュとしてディスクにファイルを持ちますが、フレームワークによって完全に隠蔽されています。. Realmファイルを開くことは マイグレーション や コンパクション を伴う場合は時間がかかる場合があります。または 同期されたRealm では初回同期のダウンロードに時間がかかります。そのような場合に asyncOpen メソッドを利用すると、非同期にそのような時間のかかる処理を実行し、Realmが利用可能になった時点で任意のスレッド、またはディスパッチキューにてコールバックを受けることができます。 asyncOpen メソッドは読み取り専用のRealmに対しても使えます。.

通常は、Realmはディスクにデータを保存しますが、 Realm. Configuration の fileURL を指定する代わりに inMemoryIdentifier を利用することで、データをメモリ上のみに保持するRealmオブジェクトを作ることができます。. In-memory Realmでは、データをディスクに保存しないのでアプリケーションを終了するとデータは消えてしまいます。それ以外のクエリ、リレーションシップ、スレッドセーフなどの機能はすべて通常のRealmと同様に利用することができます。.

Realmに保存されたオブジェクトを他のRealmへコピーするには、 Realm. create MyObjectSubclass. self, value: originalObjectInstance のように使います。. アプリケーション内のRealmファイルの場所がわからないときは、 このStackOverflowの回答 を参考にしてください。. realm 拡張子のRealmのデータファイルには何の影響も与えません。またこれらのファイルを(実行中を除いて)削除したり移動したりすることも問題ありません。.

Realmに関する問題を報告する際 には、これらの関連ファイルを. realm 拡張子のRealmのデータファイルと一緒に添付してください。関連ファイルには問題を調査するときに役に立つ情報が含まれています。. こうして、 Realm path:readOnly:encryptionKey:error: メソッドで読み込み専用のRealmオブジェクトを作ることもできますし、その初期データを含んだRealmに書き込みたい場合は、 NSFileManager. 同梱したRealmデータファイルが固定のデータのみを含んでいて、変更する必要が無いのであれば、 Realm. いっぽう、初期データを変更する必要があるなら、バンドルからドキュメントディレクトリなどにRealmファイルを NSFileManager.